モンストトップページ
「決戦!平安京」攻略| 攻略詳細
「決戦!平安京」攻略| 攻略詳細
「決戦!平安京」攻略サイト
『決戦平安京』四保一体系打法攻略射手の中心陣容式神のオススメ

モバの手遊びとして、平安京の決戦はいろいろな方法があります。射手を核にした通常の射核システムには、どのようなポイントがありますか?射手の優位を最大化したい四保一系は式神をどう選ぶべきですか?これから一緒に見に行きましょう。

『決戦平安京』四保一体系攻略

【体系優勢】

四保一体系、また放射核システムとも呼ばれ、中・下の区分に適しています。

まだ後期の陣容に入ることができますが、バージョン体系は当初のダブルコア後期陣容からシングル核後期陣容になりました。これは双核が前の中期に成型が遅れて崩壊しやすいためで、しかも後期の射手のフォールトは中単よりずっと高くて、中単は後期の地位が比較的にばつが悪いからです。

また、五黒の時には、太ももの射手が四保の陣容を使うと、黒の勝率が大幅に上がります。

【式神おすすめ】

1.射手選択

四保一のポストシングルの核システムである以上、第一選択は当然後期に爆発を出力して、しかも出力条件が比較的に安逸な白狼と御飯津である。

2.与野選択

機能型は野を打って、私達の第1推しのは強い反手と人を守る能力の式神を備えて、例えば山童、夢を食べるバク、カラスの天狗はすべてすばらしいです。

この中で反手の能力が一番強いのは「食夢貘」で、逆風局の役割も非常に大きいです。また、鴉天狗は最強の入場後の能力を備えており、順風によって枯渇して朽ち果てるほどの開団効果を発揮します。

3.中単選択

理想は放射線の境界線能力を備え、迅速に支援できる式神であるべきです。

このうち青行灯は、清姫が線の力が強くて動きやすいタイプです。支援の目的は、安定した追加ダメージにあります。また、彼岸花や霊気など、命中しやすいコントロールを持ち、同時に傷をつけてもいい式神を選びます。

この2つの選択は、陣容の変化に応じて、例えば上野の補助制御が十分であれば、損害を補うものを選択し、逆に制御が安定しているものを選ぶことができる。また、中野はリズム型の神を選んでいます。

4.補助選択

一目連、山兎が最高優先で、簡単に言えば進攻・退却が可能で、しかも保人及び機能型が強いです。

5.上記選択

他の道に比べて上単は下路に対する放射線が小さいので、他の場所との組み合わせが良い場合には比較的自由です。しかし、中野が前期のリズム式神を選んだら、上単は必ず前列の制御を備えた式神を選びます。例えば、黒童子やタヌキなどがよく似合います。

【注意事項】

中野さんは放射線下の道に重心を置いて、上単さんはあまり急進的にしないでください。中野さんはたくさん見てください。下の道はしっかりと発育すればいいです。

シングルバンドの上で単にを除いて、今つかむ収益の大概率はつかむほうがいいです。特に核発射システムを手に入れる場合。

シングルバンドタイプのリスト例:

現在のバージョンでは、実力の差が大きい場合を除いて、ペアペアはラインに合わせにくいです。核発射システムは中盤の回避戦に注意して、無脳接ぎ団を拒否して、ゲームの中期になったら、野を打って射手に野区を譲ることをマスターして、同時に野輔は地図の資源に注意します。

このシステムが一番怖いのは前の段階を引き裂かれることです。しかし、いつも対処する方法があります。例えば、8分ぐらいの逆風が強いです。第一条大蛇は放し飼いになり、高地を守ることができます。しかし、石の距離を取るためには、必ず第二の大蛇を保証しなければなりません。あるいは14分ぐらいで、射手経済は1万1ぐらいに達します。そうでなければ、第二の大蛇はまだ真正面から争ってはいけません。恐らくこのゲームは遠く離れてしまいます。

連戦処理は射手を中心にして打てばいいです。特に風に逆らった場合は、心を落ち着かせて射手を維持し、チャンスを狙えばいいです。

【まとめ】

全体として、このコースは操作性が強く、実用性が高く、敷居が非常に低く、現在のバージョンのリズムに適応します。中期は中野によって局面を維持して、射手が成型するまで待って、本当に“あなたが世界を保護して、私があなたを保護します”です。

以上が今日のチームメイトたちの決戦である平安京四保の攻略です。

最新情報
 
決戦!平安京