モンストトップページ
「決戦!平安京」攻略| 攻略詳細
「決戦!平安京」攻略| 攻略詳細
「決戦!平安京」攻略サイト
『決戦平安京』荒川の主連技攻略ラインテクニック展示

平安京式神荒川の主との決戦は、高難度で持続的な輸出型の巫類式神であることは間違いない。式神の操作線はとても高く、プレイヤーの熟練度が非常に高いので、最高の効果を発揮することができます。次に荒川の主の連技、対線テクニックを見てみましょう。

荒川の主な実戦的な考え方

基本的な紹介

荒川の主の天性受動的な流れに基づいて、できるだけ技能を解放した後に普に挿し込んで攻撃して、余分な術の傷つけることを打つことができます。

水球を増やしたり、滄波の力を貯めたりして、持続的な変位を避けて蒼波の力を消耗しすぎて、エネルギーがなくて戦場から離れることができます。

連招注意事項

1、2の技能が眩暈して命中したら直接に顔に当ててから3の技能で回収します。

身の位置が極めて近い場合、水球は四方八方から来ても、全ての命中が可能です。

先に大きな手招きをすれば、一斉に大技で発生した二つの水球を敵に流し込むことができます。本当の意味での限界ダメージです。

二つの技能が命中していない場合はコントロール効果を発揮できます。二つ目の技能は普攻に合わせて磨いた後、三つの技能+大技を受けて顔に突進します。水球がほぼ全部命中することを保証できます。

2、水球が各所に分散している時、三技を使って帰川した直後の大技で、直接に接近した敵式神を移動させることができます。同時に接近した状態で一つの技を使うと、全ての水球が敵式神に当たりやすくなります。

3、水球は敵の後方にある時、一つの技能を解放して逝水と普攻を行います。敵式神の後ろに水球を形成します。二つの技能を使って減速したり、眩暈したりします。敵の後で普攻+三技能を使って川に帰って水球を回収して出力します。

4、水球は敵の前方にある時、二技能で敵の式神を制限して、大技を受けて敵の式神の後方に移動します。この時、三技「帰川」を使って水球を回収すれば式神を通ります。シフトと3つの技を組み合わせると、「滄波の力」が回復し、蓄積したエネルギーは再度シフトを使って離れて距離を置くことができます。

線に関する注意事項

荒川の主の強さは6級と天の尾羽張によって達成されます。

長距離普攻の出力方式は荒川の主に線手の短い近戦戦車に有利になります。長距離持続的な消耗は敵の上単を抑えられます。

接近戦式神に顔をくっつけられたら、まずコントロールとシフト技を使い、敵式神と距離を置き、長距離手の優勢を発揮して消耗するべきです。

最新情報
 
決戦!平安京