モンストトップページ
「決戦!平安京」攻略| 攻略詳細
「決戦!平安京」攻略| 攻略詳細
「決戦!平安京」攻略サイト
「決戦平安京」11月1日和神バランス調整まとめ閻魔線が弱まります。

平安京は11月1日に定期メンテナンスを行いました。今回のメンテナンスは阎魔、夜叉及び伏魔青坊の主に対してある程度の弱めを行いました。これから詳細を見てみましょう。

11月1日日本式神様調整まとめ

月を追う

現在、月神を追いかける2つの技「弓月」は非常に収益が高いが、命中率は比較的低く、3つの技「月ごと」の技が長く冷却されているため、戦場の表現が安定していない。追月神二技能の幅を上げ、二技能の幅を下げる法を無理に押しつけながら、三技能の冷却時間を下げます。

二技能[弦月]

技能の幅は250ヤードから280ヤードに引き上げられます。

法の押しつけは95%から85%に引き下げられた。

三技能[月ごと]

スキル冷却時長さは14/13.5/13/12.5/12秒です。

全レベルに12秒下げる。

二、跳跳妹

妹の特徴的な技能を跳ぶリズムは忍類式神にとってはちょっと遅いです。私達は適当にその特徴を縮小します。

特质[游びに来てください]

跳跳跳妹はスキルをリリースしたり、大きな「トマト」を愛して自分のそばに戻ってきたら、短いジャンプができます。このジャンプに必要な時間は0.5秒から0.42秒まで下がります。

三、夜叉

夜叉の特徴は、敵方神にダメージを与えた時、自身の攻撃力を高めることができます。もう一つの技能は追加の攻撃力を増加することができます。この二つの点で、夜叉は装備の中で高すぎる収益を得ることができます。だから、私達は適切に夜叉の特質収益を下げて、その技能印の基礎ダメージを調整して、その前期強度をコントロールします。

特質[サバイバル]

各階ごとの追加攻撃力は8%から5%に引き下げられます。

一技能[修羅]

印の基礎ダメージは75/92.5/110/127.5/145ポイントから65/82.5/100/117.5/135ポイントに引き下げられます。

四、鬼使い白

鬼使白の基礎ダメージが高すぎて、法が低すぎて、陰陽師大達が鬼使い白を使う時、多くの防御装備を使うことができます。同時に高いダメージを与えます。したがって、私たちはその最終スキルの一部の基礎ダメージを法の強制に移して、防御装備を出した時のダメージを低減します。

究極の技「無常乗っ取り」

ダメージは80/130/180(+20%強)ポイントから70/105/140(+25%強)ポイントに調整されます。

五、青坊主

青坊主は「伏魔の相」の状態で、3つの技能の冷却時間が短いため、青坊主を使った陰陽師たちが頻繁にシフトして打ち飛ばします。青坊主三技能の冷却時間を上げて、その二技能の追加ダメージを微調整します。

伏魔の相状態の二技

ダメージは75/120/1 65/210/255(+75%追加攻撃)ポイントから75/107.5/145/182.5/220(+60%追加攻撃)ポイントに引き下げられます。

伏魔の相状態での三技[無量]

冷却時間は6秒から8秒に引き上げられた。

六、閻魔

阎魔の二技能の前期推线能力と沈黙能力は阎魔の前期の线に対してより强い力を持たせました。私たちはその二技能の前期のコントロールと伤害能力に対して一定の调整を行いました。同時に、私達は法強の出装を主とする阎魔の持続的な出力能力を少し弱めました。

二技能[魔域]

沈黙時間は全レベルの1秒から0.7/0.775/0.85/0.925/1秒に調整されます。

基礎ダメージは30/45/60/75/90から20/35/50/65/80に引き下げられます。

究極の技[怨魂重圧]

法の押しつけは0.2%から0.18%に引き下げられた。

100点強ごとに最大ライフポイントのダメージを0.3%から0.25%に引き下げます。

修復した後、二つの幽霊が暴撃できない問題です。

以上が今日、仲間たちに持ってきた11月1日の和神バランス調整のまとめです。

最新情報
 
決戦!平安京